【PSEマーク】コーナン安全表示偽装疑惑、中国製など電気製品未検査

大手ホームセンター・コーナンを展開するコーナン商事が輸入する電気製品を電気用品安全法で検査が義務付けられているにもかかわらず、未検査で安全表示マーク・PSE マークを表示していた事が明らかになった。同社は過去 5 年間遡り再調査する。結果は経済産業省へ報告し自主回収も検討中だという。   コーナン商事、中国製品の一部に検査せずPSEマーク表示 ホームセンター大手のコーナン商事が、中国から輸入し販売していた電気製品の一部に、国が義務づける検査をしていないにもかかわらず、安全性を示すPSEマークを表示していたことがわかりました。 去年9月、製品に不具合が見つかり、内部で調べたところ、およそ500の製品で表示を偽っていたということです。コーナン商事は、経産省に相談した上、リコールを含めて検討するとしています。 引用元:TBS News i – コーナン商事、中国製品の一部に検査せずPSEマーク表示 コーナン、違法PSEマーク表示疑惑で「調査中」とリリース コーナン商事は17日、同社が電気用品安全法に定められた手続きを経ずに、PSEマークを表示して家電製品を販売していたという一部報道について、「昨年より、当社が輸入販売している全ての電気製品について、安全性や法令対応の状況を調査・点検しているところです。現在、状況を調査中であり、調査の結果なんらかの対応が必要な製品が判明した場合は、速やかに適切な措置をとってまいります」というリリースを公開した。 これは、一部報道機関が、コーナン商事が電気用品安全法で義務付けられた安全検査をせずに、検査済みであることを示すPSEマークを表示して、輸入家電製品を販売していたと報じたことを受けたもの。報道によれば、3年間の保存が義務付けられている検査証が残されていない商品が複数あるとしている。 コーナン商事は、ホームセンター「コーナン」を運営する企業。2014年2月時点で、290店舗を展開している。 引用元:家電 Watch – コーナン、違法PSEマーク表示疑惑で「調査中」とリリース コーナン商事:500品目の安全検査に不備 ホームセンター大手「コーナン商事」(堺市)が輸入した電気製品の一部を電気用品安全法で義務付けられた安全検査をせずに販売した疑いがある問題があり、同社は17日、検査証明書がないなどの不備がある製品が、少なくとも約500品目あることを明らかにした。既に販売を中止しており、同社はこの日、経済産業省に調査内容を報告した。 同社によると、問題が見つかったのは主に中国から輸入した白熱電球などで、検査証明書がなかったり、マークの表示が間違ったりしているものなどが見つかった。検査をせずに販売していた疑いがあるが、大きな事故の報告はないという。 引用元:毎日新聞…